タグ別アーカイブ: ロック

ロックしたPDFのパスワードを忘れた場合の解析解除の方法

PDFを保護するためにパスワードをかけてロックしたファイルがあるとします。このロックが掛かったPDFファイルのパスワードを万が一忘れてしまった場合、どうしたらいいでしょうか。今回はこちらがテーマです。


保護されたPDFファイルのロックを解除するフリーソフト・ツールの紹介


PDFunlock.com


こちらはApowersoftで紹介されているPDFの無料パスワード解析ツールです。PDFファイルを保護するためにadobeがファイルをロックしパスワードを設定。このパスワードを忘れた場合、とても焦りますよね。


ロックを解除するためのファイルの暗証番号を忘れたとしても、このフリーソフトで解除可能です。詳細は以下のページで。


http://www.apowersoft.jp/unlock-pdf-files.html(Apowersoft)

zippassword.net.150521.1




PDFdu無料オンラインPDF制限リムーバー

こちらも無料で利用できるPDFのパスワード解析ツールの一つですが、上記でご紹介したフリーソフトと大きく異なるところは、「サーバーに一度アップロードしてパスワード解析を行う」という性質のサービスとなる点でしょう。


「サーバーへアップロードしてパスワードの解析」を行う点については、操作的にパスワードアナライザーに非常に近いものがありますよね。



zippassword.net.150521.2

VECTOR


パスワード保護ファイルお助けくん 2.7


zippassword.net.150521.3



こちらはフリーソフトのタイプのパスワード解析ツールですね。一太郎、Access、Word、Excel、PDFファイル等のオフィス系ファイルのパスワード解除に対応しています。


また、対応環境はWindows7、Windows Vistaなどの機器となります。まだまだ使えるフリーソフトではないでしょうか。



PDF crack


こちらはネイバーまとめからの情報です。以下のサイトですね。


http://matome.naver.jp/odai/2135281907685166001


PDFクラック、というPDFパスワードの解除ツールがあります。こちらも参考にしてみてはどうでしょうか。


zippassword.net.150521.4




パスワードアナライザーの詳細へ

エクセルを開けない時の対処。バージョン確認とロックの解除

会議の資料やプレゼンテーションの資料、納品物の保存データファイル等でエクセル(.xls 、.xlsx)を開けなくて焦っている方はいませんか。とりあえず落ち着きましょう。焦っても何も解決しません。今回はエクセルのファイルを開けない、若しくは、保護(ロック)がかかっていて解除できず、それが原因でファイルを見れない場合の対処方法がテーマです。



エクセルを開けない原因について落ち着いて確認しよう


慌てても何も解決しません。まずは一つずつ可能性を調べて確認していきましょう。


エクセルのファイルのバージョンは幾つ?



エクセルは歴史の長いマイクロソフトのアプリケーションの一つです。「Excel 2007」や「Excel 2010」で保存されたエクセルは、ファイルの拡張子が必ず「.xlsx」となります。これがこの二つのソフトで保存されたファイルの形式ですね。


一方、旧エクセル(Excel 2000 ~ Excel 2003)については、この「.xlsx」の形式には対応していません。つまり、「2007」以上のバージョンと旧エクセルはデータの形式に互換性が無いのです。


旧エクセル上で「Excel 2007」以上のバージョンの「.xlsx」ファイルを開こうとしていませんか?一度確認してみましょう。



この場合の対処方法としてはどんなことが考えられるでしょうか。

  • 2007以上のExcelを購入してインストールする
  • フリーソフト(open office)をダウンロードしてインストールする


一番目は流石にやりたくないですよね(笑)。購入しにいくのも面倒ですし、費用を掛けるのも嫌ですよね。こういうときはOPEN OFFICEのインストールを試してみましょう。


Apache Open Office 4.1.1 日本語版ダウンロード


「OPEN OFFICE」では、マイクロソフトオフィスに非常に似たような機能を利用することができるオフィス系ソフトウェア(ワード、エクセル、パワーポイント等)を利用することができます。


基本的にライセンスは無料なので上記のURLからダウンロードしてインストールしてみてください。一応、どのバージョンのExcelでもOPEN OFFICEで開くことが可能なはずです。旧エクセル(EXCEL 2003以下)が「2007」以上の環境で開けない場合やその逆のパターンでも利用できる有効な方法です。



エクセルのファイルが破損している可能性


これは、バージョンと関係のない問題です。普通に操作していても稀にエクセルファイルが開けないことがありますよね。エクセルファイルの一部のデータが正しく保存されていないためにファイルを正常に開くことができません。エクセルファイル内に破損した箇所(ブロック)が存在した場合、自動的に破損箇所を修復する機能がエクセルに備わっています。(※ OPEN OFFICE(OPEN CALC)の場合も自動修復機能が付いているので安心して利用できます。)



エクセル(Excel)のファイルが壊れて開けない場合は以下のページを参考にしてみてください。

破損したブックを修復

zippassword.net.150519.1



ファイル名とフォルダ名を確認しよう


ファイルを保存しているフォルダ、又は、ファイル名自体にダブルクォーテーション「”」が入っている場合、エクセル自体は起動してもファイルを開くことができないという不具合が確認されています。


この場合は、エクセルファイルを置いてあるフォルダとそのExcelのファイル名を一度チェックしてみてはどうでしょうか。この問題については以下のサイトを参考にして下さい。


excelでファイルをダブルクリックするとExcelは起動するがファイルが開かない場合の対処方法


ファイルがロックしていて編集できない場合

ネットワークでエクセルファイルを共有している場合、特定の人物が当該ファイルを開いているとロックがかかるため、それ以外の他のユーザーがそのエクセルファイルを編集することができません。


この場合は、「読み取り専用(R)」でエクセルファイルを開くしかありません。



エクセルの保護機能でパスワードが掛かっている場合


エクセルの内部ツールでファイルをロックさせる機能があります。エクセルにパスワードが掛かっていてその暗証番号が分からない場合はパスワード解析用のフリーソフトで解析することをおすすめします。


エクセル内部のロック機能を解除とパスワードの割り出しを行えるフリーソフトは以下の記事でご紹介しているので参考にして下さい。



エクセルにかけたパスワードを解析・解読する方法は?

zippassword.net.150519.2


エクセルが開けない、見れない原因にはいろんなものがあることがお分かりいただけたでしょうか。エクセルが開けない場合、確かに焦りますよね。特に、取引先とやり取りしている資料や納品物がこちらで開けない場合や逆に相手方のほうでこちらから送付した資料やExcelのデータが開けないと連絡がきたとき等は特に焦ります。


こういうときは落ち着いて本ページに記載した内容を試して見て下さい。




パスワードアナライザーの詳細へ戻る

弥生会計でファイルに設定したパスワードを忘れた場合は?

弥生会計はとても有名な会計ソフトですよね。確定申告の際によく利用されていますよね。実際、多くの個人事業主の方や税理士の方もこの会計ソフトを使っているようです。弥生会計ソフトにはパスワードを設定することができる機能があります。もしこのパスワードを忘れてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?



弥生会計で作成したデータのパスワードを紛失してしまった

弥生会計には会計処理のデータにパスワードを設定することが可能です。万が一このパスワードを紛失した場合は、パスワードの再設定を行うことによって解決することができます。


例えば、販売担当者や会計責任者が十分な引継ぎを後継者にしないままに会社を退職してしまったため、大事な会計データのパスワードが判らなくなって困っている場合にもこのサービスが威力を発揮します。


出典・画像引用:  弥生会計 パスワード再設定サービスについて

zippassword.net.150513.1




弥生会計は、「会計処理ソフト」や「確定申告ツール」の代名詞的なソフトウェアとしてその名を世に轟かせてきました。「とりあえず青色申告するなら弥生会計」という具合に、『これさえ買っておけば大丈夫』というような安心感があるからこそ、弥生会計は多くの事業主や会計士の方に支持されてきたのでしょう。



弥生会計は2014年10月よりオンラインサービスとしても利用できるように「クラウドサービス」上で利用できる「やよいの青色申告 オンライン」が昨年発表されたばかりでした。


クラウドサービス上で「やよいの会計」を利用するもよし、従来どおり弥生会計ソフトで個人PC上で会計処理をして確定申告するもよし。何れにしても、やよい会計は確定申告や税金対策等、青色申告には欠かせない会計処理ソフトであることは間違いありませんよね。



(出典・画像引用) マイナビニュース 弥生のクラウド会計は誰にお勧め? 2104年11月18日 より

zippassword.net.150513.2




会計や取引先の重要なデータをZIPファイルで管理する場合の注意


一般に、取引先へ納品物を提出する場合、普通はZIPファイルにパスワードを掛けた状態でメールに添付して送信することがよくありますよね。


クライアントへ送付した納品物。当然、納品物にはパスワードがかかっていますから、パスワードが判らない場合や間違っている場合はZIPファイルを開くことができません。


顧客情報や販売記録・売上げデータの管理のために企業内の規則に基づいてデータをZIPファイル化してパスワードで管理している企業も実際にあると思います。例えば、商品の販売担当者や会計責任者がこの立場に近いのではないでしょうか。


また、例えば前任者が後継者に重要資料のパスワードについて引継ぎをしないまま退職してしまった場合、大事な資料のファイルを開くことができないので本当に困りますよね。特に、プレゼンや報告書として利用する資料にパスワードが掛かっている場合は一刻も早くパスワードを解析・解読してロックを解除しなくてはいけません。


zippassword.net.150513.3



こういうときはパスワードアナライザーがおすすめですよ。通常の市販フリーソフトであれば8桁のパスワード(英数字)の場合、数日掛けてやっとパスワード解析ができますが、パスワードアナライザーの場合は数時間程度で暗証番号やパスワードの割り出しが可能です。


その秘密は、市販PCでは調達が困難なハードウェア(GPU)を搭載した高性能サーバーへ直接ファイルをアップロードして当該高性能PC上で高速計算を行うことが可能だからです。


パスワードアナライザーの詳細は以下のページをご参照下さい。


zippassword.net.top.shousai

フォルダにパスワードをかける方法とロックの解除方法

フォルダにパスワードをかける方法をご紹介しましょう。また、かけたパスワードや暗証番号を万が一忘れてしまった場合の対処方法や解除方法についてもお教えいたします。



フォルダにパスワードをかける方法


フォルダにパスワードをかける場合は、以前、以下の記事でご紹介した『7zip』を使うのがてっとり早いですね。



圧縮・解凍・パスワード設定ができる7-zipの使い方

上記はプロンプトから7zipを使う方法とワードやエクセル(excel)のファイル自体を『ZIPファイル化してパスワードをかける方法』でした。


今回は、ファイル(.txt .xls .doc .docx .odt)自体をZIP化して暗証番号を掛ける方法ではなく、『フォルダ』自体をZIP化してパスワードをかける方法です。


7zipを起動してフォルダごとZIP化する


『7-zip』をインストールしている状態であればwindows7であれば『windowsキー』を押せばスタートメニューから簡単に7-zipを起動することができます。


もし、メニューに表示されていなければ、windowsキーを押した後で、『プログラムとファイルの検索』で『7-zip』と入力すれば以下のようにプログラム表示されるのでここから起動することも可能です。



zippassword.net.150510.3

起動した後、パスワードをかけたいフォルダが存在している場所を『↑』ボタンからさがして該当のフォルダ(ディレクトリ)を7-zip内で表示させます。下図を参考にしてください。


zippassword.net.150510.2

例えば、『フォルダA』にパスワードを掛けたい場合は上記のような状態にします。この状態で『フォルダA』を選択した状態で『追加』を押すとこのような画面がでてきます。


zippassword.net.150510.4

これは、以前以下の記事でご紹介した『ZIPファイルにパスワードをかける方法』と同じ画面です。つまり、ここからはZIPファイルに暗証番号でロックをかける手順とおなじ方法で『フォルダ → ZIPファイル化 → パスワードの設定』を行うことができます。



圧縮・解凍・パスワード設定ができる7-zipの使い方


『フォルダ』自体もOS上ではある意味『(ディレクトを示す)ファイル』と同じ扱いになります。なので、フォルダ自体をZIPファイル化してからパスワードを設定することも可能なのです。


エクセルのパスワードを忘れた場合はパスワードアナライザーで解読


エクセル(.xls .ods)やワードファイル(.doc .docx .odt)自体にパスワードを設定することも可能ですが、エクセルやワード、テキストファイルを保管してある『フォルダ』ごとまとめてZIPファイル化してからパスワードをかけておくことも可能ですよね。



上記のどのようなパターンでもパスワードアナライザーで忘れたフォルダ・ZIPファイルのパスワードを高速で解読してロックを解除することが可能です。フリーソフトとは違い、グラフィックボード搭載の高性能サーバー上でパスワードを解析できるのでGPUを搭載していないパソコンでもハイスピードでフォルダのパスワード・暗号を解除できますよ。


パスワードアナライザーの詳細は以下をご参照ください。



zippassword.net.top.shousai