RARと7zの比較。ファイル圧縮ならどちらがいいか?

ファイルを圧縮するならRAR形式と7zのどちらを利用したほうがいいか、と考えてことはありますか?実際、7zではなくRARを利用してファイル圧縮・解凍を行っているユーザーは多いようです。当然、RARのパスワード解析ツールや圧縮ツール等もあります。(RAR形式のパスワード解析ツールについては以下の記事でご紹介しましたよね)



windowsとmacで利用できるrarの解凍・パスワード解析ソフト


rarと7zはどのように違うのか。比較


もちろん、どちらの形式を利用してもファイル圧縮・解凍は行えます。ただ、RARのほうがファイル圧縮率が高い、というメリットがあることはよく知られています。



では、何故ファイルの圧縮率は高いほうが何故いいのでしょうか?「高い方が良い」というよりも、『用途によっては高い方が好ましい』と表現すべきでしょうか。


例えば、動画が画像等のファイルやデータはサイズが非常に大きいので、このようなタイプの大容量のファイルを扱った通信を行う場合は、よりサイズの小さいファイルに圧縮しておく必要があります。


ZIPファイル形式や7z形式、RAR形式等、ファイルの形式ごとの圧縮率を調べた統計がでています。



画像引用、出典元:圧縮率比較一覧 DGCA版

zippassword.net.150526.1




このサイトはとにかく凄いです。ログファイル、テキストファイル、画像ファイル(img,raw)、音声データ(mp3、wav)等、動画データ、等、あらゆる形式のデータファイルを7zやZIP形式、LZH、gca、RAR等の各々形式で圧縮した場合のファイル圧縮率をグラフ化・統計化したサイトです。


どの形式のデータファイルをみても、確かにZIP形式のファイルや7z形式のファイルよりもRAR形式の方がファイル圧縮率が高いことが分りますよね。


あくまでも『ファイルの圧縮率』だけに拘るのであれば、確かにZIP形式や7zよりも「RAR」のほうがいいかもしれませんね。




RARやZIPパスワード解析ツール


また同じ話になって恐縮ですが、RARファイル形式のパスワード解析ツールについては、以前の記事で紹介したとおり、MacでもWindowsでも利用できるものが存在します。それについてはパスワード(暗証番号)が設定・登録されたZIPファイルについても同様ですが、フリーソフトや有料ソフトのバリエーションと数の豊富さでいえば、やはりZIPファイルのほうが多いのではないでしょうか。


『K本的にフリーソフト』や『窓の杜』『Vector(ベクター)』といったサイトでこの点のロックされたZIPのパスワード解析ソフトを探すことができますよ。また、IDやパスワードの管理を行えるアプリ・無料ソフト等も見つかるので一緒に利用すると便利です。



ZIPファイルパスワード解析、解除系のフリーソフト検索


※ Pika ZIPはRARのパスワード解析にも利用できるとされているようです。詳しくはVectorで調べてみて下さい。


クラウドサービスを利用した最新の高速ZIPパスワード解析ソフト


ローカルPCでロックされたZIP形式のパスワードを解析・解除するフリーソフトはたくさんあります。しかし、市販の一般PCではパソコンの性能に限界のあるものばかりです。特に、GPUを搭載したハードウェアは個人で調達してカスタマイズする場合、コストも手間も非常にかかります。


しかし、クラウドサービスを利用してZIPファイルをクラウドにアップロードする仕組みを利用すれば、ローカルのPC(ユーザー側のパソコン)のスペックがどのようなものであれば、高速で(※クラウドのサーバー側で)ZIPファイルのパスワード解析とロック解除を行えるのです。



この仕組みを体現したものが『パスワードアナライザー』なのです。



パスワードアナライザーの詳細へ